顔しみが消える4つの方法★本気で美肌を取り戻す

白くて美しい肌が自慢だった方が、しみが出来ると色白があだになりかえってしみを目立たせることことに...。
本当にしみを消して美しい美肌を取り戻すことができるのか半信半疑な人もおられることでしょう。

体の見えない部分なら我慢できても、顔しみはいやなものです。たとえ小さなしみでも気になるもの。
洗顔やお化粧の度に鏡に映る自分の顔にしみがあるのは気分的にも良くありません。しかし、しみができたからと言ってあきらめることはありません。
最近の医療技術は格段に向上しています。しみを完全になくすことは難しいのですが、ほとんど目立たなくすることは可能です。

現時点で可能な効果的しみ消し方法をご紹介します。

しみを消す方法のいろいろ

美白化粧品によるセルフケア
もっとも取り組みやすいのが、市販されている美白化粧品を使うお肌ケアですね。
美白化粧品のしみを消す効果は個人差がありますが、試す価値はあります。
美容エステ
多くの美容エステ(エステティックサロン)でしみ消しやくすみ取り施術を行っています。美容エステである程度しみを消す効果はあるかもしれません。しかし、美容エステで使われるレーザーやフォト・フェイシャルは医療機関で行われるレーザー治療などと比べると効果は少し劣ります。美容エステで使用されるレーザー機器類は薬事法により出力が制限されているからです。
美容クリニック
しみを消す効果が高いのは、やはり医療機関によるしみ取り治療です。どうしても消えないシミがあるときは皮膚科専門医にしみを診断してもらいましょう、医療機関で適切なしみ消し方法のアドバイスを受けるのが結局はしみ取りの近道かもしれません。
しばらく様子を見る
美容エステも美容クリニックも無かった頃、人間は化粧でしみをごまかすか、いわゆる民間療法しかありませんでした。
対処療法だけでしばらく様子を見ていただけなのに、不思議なことにシミが自然に消えることがあります。それは、ホルモンなどの影響でしみが濃くなったり薄くなったりするからです。ですから、様子を見るのも悪くありません。
しみがきれいさっぱり消えることはあまり期待できませんが、妊娠肝斑(かんばん)やホルモンによる肝斑(かんばん)などしみの種類によっては、出産後しみが薄くなることもあります。

上で説明したしみを消す方法以外にも多くの民間療法があります。
ビタミンCがメラニン色素の生成を抑制する働きがあるからと顔にレモンパックをするのが流行った時代もありました。
今考えると顔に直接レモンをのせるのは非常に危険で、逆にしみを作ってしまう間違った美顔パック方法でした。
このように科学的な根拠のない民間療法には手を出さないようにしましょう。

しみを予防するには

紫外線をできるだけ避ける
美容エステやクリニックで高価なレーザー治療をしてしみを消しても、紫外線を浴びているとまたまたしみが発生してしまいます。しみの発生を防ぐには紫外線を防ぐ(UVケア)が欠かせません。
シミだけじゃない紫外線が原因のお肌トラブルとは
シミを作る原因は紫外線(UV)なのをご存じでしょうか。紫外線は肌を刺激してメラニン色素を作り肌の色を黒く変色させてしまうのです。紫外線が強くなるのは真夏だけだと思いがちですが、実は紫外線は春先の3月頃から急激に増えてきます。さらに冬であって
ホルモンにも気を配る
しみ発生の原因には女性ホルモンの黄体ホルモン(プロゲステロン)や卵胞ホルモン(エストロゲン)のバランスの乱れが関係しています。黄体期は特にしみが発生しやすくなります。危険な黄体期にはUVケアを十分行いましょう。
ストレスもしみの原因
ストレスもしみを発生させる原因となります。現代はストレス社会といわれるほど、ストレスがあふれています。一番いけないのは神経質になり、ストレスを内にため込んでしまうことです。できるだけストレスを貯めない生活習慣を目指しましょう。
シミを気にすると余計にシミが増える?ストレスがお肌トラブルの原因になることも
ストレスがお肌に影響を与えることがあります。女性なら感じたことがあるでしょう。どうも気分が乗らない時とか、ストレスが溜まっていると、お肌の調子が悪かったり、ニキビや吹き出物が出来る経験をしたことが。科学的にも、ストレスがお肌に影響を与えてい
体の健康維持がしみ予防に
お肌は健康のバロメータとよくいわれます。体が健やかでこそお肌にもハリが出てツヤツヤになるはずです。しみを消すための基本はまず体を健康に保つことですね。無理なダイエットなどで必要な栄養が足りていないと、お肌にも悪影響を与えます。あなたの顔をしみのない美白に保つためにはバランスの取れた栄養補給にも注意しましょう。

予防より優れた治療はありません。
しみを消す治療法も発達していますが、費用と時間はかかります。
日頃からお肌にしみが発生しないよう予防に努めましょう。

タイトルとURLをコピーしました